流浪地球

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/09/07 | 掲載終了日 2022/08/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#流浪地球 #NetGalleyJP


内容紹介

僕が生まれたとき、地球は自転をストップしていた。僕たちの地球は見る影もなく変わってしまった。人類は太陽系で生き続けることはできない。唯一の道は、別の星系に移住すること。連合政府は地球エンジンを構築し、地球を太陽系から脱出させる計画を立案、実行に移す。こうして、悠久の旅が始まった。それがどんな結末を迎えるのか、僕には知る由もなかったのだ――。

≪他収録作品≫ミクロ紀元/呑食者/呪い5・0/中国太陽/山

僕が生まれたとき、地球は自転をストップしていた。僕たちの地球は見る影もなく変わってしまった。人類は太陽系で生き続けることはできない。唯一の道は、別の星系に移住すること。連合政府は地球エンジンを構築し、地球を太陽系から脱出させる計画を立案、実行に移す。こうして、悠久の旅が始まった。それがどんな結末を迎えるのか、僕には知る由もなかったのだ――。

≪他収録作品≫ミクロ紀元/呑食者/呪い5・0/中国太陽...


出版社からの備考・コメント

劉慈欣 (リウツーシン/りゅうじきん)

1963年生まれの中国人作家。発電所でエンジニアとして働くかたわら、SF短篇を書き始め、99年、中国のSF雑誌「科幻世界」でデビュー。銀河賞を連続して受賞し、『三体』が2008年に単行本として刊行後に大ブレイク。15年、ケン・リュウによる英語訳『三体』がアジアの作品として初めて、ヒューゴー賞長編部門を受賞。

劉慈欣 (リウツーシン/りゅうじきん)

1963年生まれの中国人作家。発電所でエンジニアとして働くかたわら、SF短篇を書き始め、99年、中国のSF雑誌「科幻世界」でデビュー。銀河賞を連続して受賞し、『三体』が2008年に単行本として刊行後に大ブレイク。15年、ケン・リュウによる英語訳『三体』がアジアの作品として初めて、ヒューゴー賞長編部門を受賞。


おすすめコメント

世界累計発行部数2900万部の『三体』で世界中をあっと言わせた、中国SF作家・劉慈欣(リュウジキン)。いま、地球や人類の未来を読むならこの方、という世界的な作家による短編集です。人類現在の軌道上の地球では生きていけなくなった時代――を表題作で扱った『流浪地球』。神様が人類に扶養してもらわなければ生きていけなくなった時代――を表題作で扱った『老神介護』。『三体』訳者の大森望さんと、北京大学准教授の古市雅子さんとの共訳です。巨視的な物語のなかにも、せつなさや、ふっと笑わされるシーンがあり、このまま温暖化や人口爆発が続き、地球環境が変わったら、私たちの日常はどうなってしまうのか、考えさせられます。テクノロジーは人類を救うのか? 各国政府はどこまで連携できるのか? 私たちの疑問に、SFを通じて小説の形で一つの可能性を示します。

世界累計発行部数2900万部の『三体』で世界中をあっと言わせた、中国SF作家・劉慈欣(リュウジキン)。いま、地球や人類の未来を読むならこの方、という世界的な作家による短編集です。人類現在の軌道上の地球では生きていけなくなった時代――を表題作で扱った『流浪地球』。神様が人類に扶養してもらわなければ生きていけなくなった時代――を表題作で扱った『老神介護』。『三体』訳者の大森望さんと、北京大学准教授の古...


販促プラン

頂戴したフィードバックコメントは拡材や広告などで使用させて頂く場合がございます。

頂戴したフィードバックコメントは拡材や広告などで使用させて頂く場合がございます。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784040659930
本体価格 ¥2,000 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)