苦手から始める作文教室

文章が書けたらいいことはある?

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/09/26 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#苦手から始める作文教室 #NetGalleyJP


内容紹介

作文は書けないより書けたほうがいい。それはなぜ?――

作文でつまずく「テーマの決めかた」「書き出し」「伝わらなさ」「感想文を書く意味」から始まり「いい文章の正体」「誰も読まない作文はない」といった作文の本質を、芥川賞作家・津村記久子が10代に伝えます。書くことを通して自分や世界が見えてくる作文教室。webちくま大好評連載を書籍化。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目次】

第1章 作文は何を書いたらいいのだろう?

第2章 作文を書いたらいいことがある?

第3章 作文はどう書いたらいいだろう?

第4章 メモを取ろう

第5章 書き始めてみよう

第6章 伝わる文章ってどんなもの?

第7章 感想文をなぜ書くか?

第8章 文章をもっとよくしたいなあと思った時に

第9章 作文に正解はあるか

次に読んでほしい本 その前に・私が本をおすすめするわけ

次に読んでほしい本

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【著者プロフィール】

津村記久子(つむら・きくこ)

1978年大阪市生まれ。2005年「マンイーター」(のちに 『君は永遠にそいつらより若い』 に改題)で太宰治賞を受賞。2009年「ポトスライムの舟」で芥川賞、2016年 『この世にたやすい仕事はない』 で芸術選奨新人賞、2019年 『ディス・イズ・ザ・デイ』 でサッカー本大賞など受賞多数。他著作に 『ミュージック・ブレス・ユー!!』 『ワーカーズ・ダイジェスト』 『サキの忘れ物』 『つまらない住宅地のすべての家』 『現代生活独習ノート』 『やりなおし世界文学』 などがある。


作文は書けないより書けたほうがいい。それはなぜ?――

作文でつまずく「テーマの決めかた」「書き出し」「伝わらなさ」「感想文を書く意味」から始まり「いい文章の正体」「誰も読まない作文はない」といった作文の本質を、芥川賞作家・津村記久子が10代に伝えます。書くことを通して自分や世界が見えてくる作文教室。webちくま大好評連載を書籍化。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目次...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784480251381
本体価格 ¥1,100 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

YAのシリーズで、若い人のため、子供のために編まれているシリーズは大人にもとても示唆に富む場合が多い。
学校などでの課題、に悩む子供たちへの指南、作文のプロ、であるところの作家がその秘密を明かす!ゆえに言葉がとてもわかりやすく選び抜かれていて、わかりやすく語りかける口調が心地よく気持ちよく一気に読めた。
これが、子供たちの心の奥に響きますように、という気持ちで本を閉じた。
そして、本音をいうと著者はこのことを、わかりやすく簡単に描く、ということでとても苦労したのではないかと勝手に想像する。
だって、行間から滲み出るように、少なくとも私にはそう感じるのだが、おおもとにたちかえると、はい、じゃあ「いい文章ってどんなものですか?」と問われたらどうする?相当悩まれたのではないだろうか。これには答えがないから。点数なんてつけられないし、物理的に分析してこの文章は客観的に見て何点、とつけることがどうしたら可能だろうか?
その視点でみると、著者の気遣いは随所にはりめぐらされていて、ある一つの答えや正解があるはずのなもの、に挑みつつ読みやすく楽しい本だった。書くことはまず自分との対話なのだなとあらためて感じた。

作文、や読書感想文、のコツ(メモをとるとか、構成の工夫とか)を超えてやっぱり最後は「本を読もう」ということに落ち着いているところが、とても納得すっと腑に落ちる。

このレビューは参考になりましたか?

小学生の頃から私は作文が好きで(得意かどうかは分からないけれど)、読書感想文も大学受験の時の小論文も、就職活動の時の志望動機や自己PRも、特に困ることなく書いて来たのですが、数年前、小学生の娘に「作文が書けない」と言われて困り果て、「作文の書き方」、「文章の書き方」がテーマの書籍は色々読むようにしています。

この本はほぼ口語、といった文体で親しみやすく、文章書くときの題材の選び方、話の膨らませ方なども具合的に載っていてとても勉強になりました。

娘にはまた難しいので、娘をサポートするときの私の参考書にさせていただきます。

このレビューは参考になりましたか?

私は作文が苦手です。読書感想文は特に苦手で、面白かったという感想を三行ほどしか書けず提出していました。もちろん先生には呆れられました。
そんな苦手な読書感想文を今こうやって書いています。苦手だし、下手くそな文章しか書けないけれど、読んだ本のどこが好きなのかという気持ちを込めて書くようにしています。

私が学生時代にはこの本のような分かりやすい解説本がなかったので、今の学生さんがとても羨ましいです。
第6章 伝わる文章ってどんなもの?は読んでいてとても勉強になりました。作文が苦手な私のような子供たちにぜひ読んで、本当の言葉で楽しく文章を書いてみてほしいと思いました。
私も初心者コースをゆっくり進みながら、たくさん本を読み、未来の自分が読む感想として文章を書いていきたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

作文は苦手だけど、文章を読むのは苦ではない人むけ。
手っ取り早く書き方が知りたいととばして読むのはもったいない。
書き出しの項では4つの書き出しが例文として掲載されていて、なるほど、よい文章はこういうことねとわかる。

このレビューは参考になりましたか?

「何について書いたらいいかわからない」「書き出しがむずかしい」といった疑問にやさしく答えています。文章を書くのは難しくてセンスがいるのでは…と悩んでいる人の心理的なハードルを下げてくれます。

子どもでも読める平易な文体で、子どもがこの本を読んだら感想文などで苦しむことが減るのではないかと感じます。ただ子どもにかぎらず、大人でも大いに活用できる内容になっています。

終わりのほうに、読書をする効用を(押し付けがましくなく)書いているのも好感が持てます。本は、漫画や動画のように視覚的な情報はないけれど、歴史が長く裾野が広いので自分にぴったり合うものが見つかる可能性がある、との説明には納得です。

このレビューは参考になりましたか?

津村記久子さんの文章を読むのが好きです。
(朝日夕刊のエッセイは4人で担当されているので、津村さんの回が待ち遠しい)
そして、津村さんみたいに書きたいと常々思っています。
若い人向けの本ですが、これは、私のための本だ! と思いながら読みました。
もちろん、MEMOを取りながら。
「好きな書き手さんの小さい版を何人も自分の中に住まわせる」そうそう、津村さんは私の中にいます。
日記の宿題のネタに困っている小学生には、107ページから読むことを薦めます。

このレビューは参考になりましたか?