ヒツジメシ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/11/29 | 掲載終了日 2022/11/30

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ヒツジメシ #NetGalleyJP


内容紹介

■吉田 羊がいざなう「美味しい」世界

 2022年で俳優デビュー25周年を迎える吉田 羊さんの初単行本! 2015年から『おとなの週末』で連載を続けた「ヒツジメシ」がついに1冊になりました。

 日々の食体験を通して、下積み時代から現在までを振り返ります。懐かしい思い出のお店、また、ふるさとや母の味、そして今気になる街や味をめぐりながら、仕事のこと、大好きな人や街のことなどを綴ります。

 吉田 羊さんの食の思い出を追体験しながら、ある時はほっこりしたり、ある時は「あるある」とうなずいたり……。また、女子が気になる美と健康などについても触れます。

【目次】
第一章 羊の原点
第二章 好きな味 好きな街
第三章 女子はどん欲 スイーツも、美も健康も、女子力も
第四章 元気が出る店 熱気とパワーをお届け
第五章 仙台から福岡まで ヒツジの「口福」探し旅
第六章 「大人の店」って、いいなあ


■吉田 羊がいざなう「美味しい」世界

 2022年で俳優デビュー25周年を迎える吉田 羊さんの初単行本! 2015年から『おとなの週末』で連載を続けた「ヒツジメシ」がついに1冊になりました。

 日々の食体験を通して、下積み時代から現在までを振り返ります。懐かしい思い出のお店、また、ふるさとや母の味、そして今気になる街や味をめぐりながら、仕事のこと、大好きな人や街のことなどを綴ります。

 吉田 羊...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

★本データは1章、2章87ページまでのみの公開になります。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

★本データは1章、2章87ページまでのみの公開になります。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分に...


おすすめコメント

吉田羊が実際に食べて見つけたおすすめのグルメがいっぱい。単なる美味の食レポにとどまらず、食体験を通して吉田羊の姿が垣間見える。読んで楽しく、グルメガイドとしても美味しい1冊。

吉田羊が実際に食べて見つけたおすすめのグルメがいっぱい。単なる美味の食レポにとどまらず、食体験を通して吉田羊の姿が垣間見える。読んで楽しく、グルメガイドとしても美味しい1冊。


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は

恐れ入りますが<講談社 販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★


読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!

著者・担当編集者ともに楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配...


出版情報

ISBN 9784065288269
本体価格 ¥1,600 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

「おとなの週末」で連載されてたものが1冊に!!
いや〜〜お腹が空くエッセイですね。
吉田羊さんの飾り気のない語り口調と美味しそうなお料理の写真の数々。
どれもこれも食べてみたくなります!
私のお気に入りは、焼き鳥屋さんと何度も出てきたパン屋さん。
文章から美味しさが伝わってきて、幸せな気持ちになるエッセイです。

このレビューは参考になりましたか?

吉田羊さんのサバサバとした、そして時々お茶目な語りっぷりで綴られる食事記録。好きな女優さんの話というだけで面白いのに、美味しそうな描写と写真でお腹いっぱいな気分になれる。夜に読んだら飯テロですが…それもまた良い。
NetGallyでは2章の途中までの公開でしたが、最後まで読みたくなりました。もっとお芝居の話も読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

吉田羊さんのイメージはハキハキしゃべるキャリアウーマンのイメージで女優さんて、何を食べてるんだろうという好奇心から読みました。

私はあんまり都内には行かないので紹介されてたお店を知らないのですが、明るい文章で書かれてるお店たちはきっと接客もお料理も良かったんだろうなと思いました。

お店の説明より興味があったのは、お母さんの味や下積み時代の話でした。

誰がの昔話を聞くとその人が身近に感じるんですが、吉田羊さんはテレビでしか拝見したことがないのに、なんかちょっと身近に感じました。

あんなお料理上手なお母さんがいて、羊さんもお料理してる、キャリアウーマンのイメージでしたが、お料理も上手な生活も丁寧な大人の女性なんだなって、印象が変わりました。

あと、レモンクリームパスタが印象に残っていて、私は料理本観るのが好きなんですが、レシピにレモンクリームパスタが載ってて、おいしいの?!と半信半疑だったので、今度ぜひ食べてみようと思ってます。同じものではないですが、なんとなく、女優さんに近づけたような?

ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

承認ありがとうごさいました。

育ったご家庭の味、ご当地で出会った味、お仕事の思い出が残る味、食べ歩きの食レポなど、吉田羊さんと食べ物の関係のあれこれを垣間見ることができてとても楽しかったです。

食べ歩きに関しては東京やその近郊のお店が多いので、地方住まいの身にはあまり参考にならないのですが、家庭料理に触れた部分では、日々美味しいものを作って、美味しく食べて、生きていこうという気持ちになりました。

このレビューは参考になりましたか?

吉田羊さんの食に対しての“熱く、かつ繊細な思”いが伝わってきました。

フンフンわかるわと言う記述があり、まずは「身体がほんのりぽっぽと寒くなるこれからの季節にはもってこいの“冷え取りメシ”。さぁ、これは何が紹介されているでしょうか。
もうひとつは「味の想像がつくのは安心感でもある、心の平安を取り戻す手助けになる気がする」という食べ物もありました。
紹介されているおいしそうな写真以外にも羊さんが舞台で演じた写真もあってこちらも楽しめました!

このレビューは参考になりましたか?

吉田羊のイメージに、食いしん坊のワードが追加されました。長い下積み生活も、仕事が絶えない現在も、変わらないのは美味しい食を徹底的に求めるということ、それが今でも元気に突っ走る吉田羊の原動力なんだな〜と実感しました。華やかな世界で暮らす彼女が心惹かれる料理は、わたしたち庶民でも手が届くような、近くに寄ったら是非お邪魔したいようなお店が多かったのも嬉しかったです。

このレビューは参考になりましたか?

羊さんの飾らない言葉で語られる食に関するエピソード一つ一つが楽しくて、人の体は食べた物でできていると言いますが、食べた物の栄養だけでなく、食べた時のシチュエーションやその食べ物に対する思い出諸々からも人は形成されるのだなぁ、とつくづく感じました(笑

この本をグルメマップにして羊さんの思いのこもった食べ物やお店を辿ってみたいです。

このレビューは参考になりましたか?