希望のひとしずく

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2023/07/04 | 掲載終了日 2023/08/24

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#希望のひとしずく #NetGalleyJP


内容紹介

オハイオ州の小さな町には、願いを叶えてくれるという井戸がある。中学一年生のライアンは、裕福な家の一人っ子アーネスト、幼なじみのリジーとともに、この井戸を見つける。そして、クラスメイトや町の人たちのさまざまな願いごとを知る。アーネストの亡くなったおじいちゃんが屋根裏部屋に遺していたものたちが、不思議な縁でいろんな人の手にわたり、奇跡的にその願いがかなっていく。悩みや問題をかかえる人々が、ちょっとしたやさしさで救われていく、希望と愛でいっぱいの物語。

オハイオ州の小さな町には、願いを叶えてくれるという井戸がある。中学一年生のライアンは、裕福な家の一人っ子アーネスト、幼なじみのリジーとともに、この井戸を見つける。そして、クラスメイトや町の人たちのさまざまな願いごとを知る。アーネストの亡くなったおじいちゃんが屋根裏部屋に遺していたものたちが、不思議な縁でいろんな人の手にわたり、奇跡的にその願いがかなっていく。悩みや問題をかかえる人々が、ちょっとした...


おすすめコメント

あなたの思いは、きっと、だれかの幸せにつながっている。そんな素敵なメッセージが聴こえてきます。

あなたの思いは、きっと、だれかの幸せにつながっている。そんな素敵なメッセージが聴こえてきます。


出版情報

ISBN 9784652205679
本体価格 ¥1,800 (JPY)
ページ数 312

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

こどもたちの日常。
すれ違ったり、腹をさぐりあって疑心暗鬼になってみたり。
貧富の差があったり。出身地の違いから微妙な空気が流れていたり。
父さんが友たちの父さんに雇われていたりする、てそれだけで微妙な感じなってしまうだろう。
そんなみんなのありふれた日常は、とある出来事で思いもよらなかった大きな事件に展開する。
奇跡ってあるんだろうか。
願いごとが叶うかもしれないという噂の場所に行って、声に出してみてあることをする。
もしかしたらそうすることで、より強く願いを意識し、強い力でポジティブな方に物事が動くってこともあるんじゃないかな、という気がした。
子どもたちの心理描写が巧みだった。

このレビューは参考になりましたか?

「クリフ・ドネリー」、通称「if only =残念」な町。その廃れた閉鎖的な町での、様々な縛りに囚われたアーネストら中学生の日常。タイトル付きで細かく区切り語られることで、浮き上がってくる一人ひとりの生き様が圧巻。
その群像劇に、「トンプキンス井戸」が入り込んでくる。アーネストが亡き祖父から頼まれたことを触媒とし、一人ひとりの願いを偶然の連鎖によってかなえていく。それに頼るのは、人は無力である故か。でも、その幸いなる連なりはつづいていく。人を助けていく。
しかし、アンドレアの登場による「トンプキンス井戸」の危機。ここで、「願う」のではなく「行動する」ことを選んだアーネストやアール先生たち。そう、ただ待つのでなく、希望を信じて自分から切り開くことを選んだ彼らに拍手。
その勢いが一気に広がる。「願いごと」をした人たち、持っている人たちの想いが見事に噛み合い、動きだす。それそれの気持ちが意思へと昇華する。人は無力じゃなかった。奇跡をもたらすのは物ではなく、思いやり。それを持てることに気づくことの素晴らしさ。だから「トンプキンス井戸」は役目を終えて退場し、その思い出=バージョン2が残される。思い出ほど、希望を元気づけるものはないのだから。
だから、この「if only」な町の看板を少年たちは書き換えたんだ。希望と誇りを持って、確信をもって。
希望というものは、最初はいつもひとしずく。でもそれは集まってくるもの。そしていつかは、奇跡を起こす皆を繋ぐ力となる。タイトルを見直して、そうに感じた。

このレビューは参考になりましたか?