殺人者のオーディション

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/08/26 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#殺人者のオーディション #NetGalleyJP


内容紹介

演劇学校で起きた、センセーショナルな事件。

神と呼ばれた天才少女はなぜ、

自身の手がける舞台の上演中に死んだのか――?


(あらすじ)

演劇女子学校に入学した結城さやかは、劇作家を目指している。同学年には同じく劇作家志望で、学内一の天才と謳われる設楽了がいた。了は俳優の能力を引き出し、観客を魅了する舞台を作り上げる卓越した才能をもっていた。了の手がける舞台に上がりたい、了に認められたいと俳優志望の生徒達はこぞって渇望する。次第に周囲から「神」とまで崇められた了は、いきすぎた彼女の横暴を諫める声すらもその才能で黙らせてきた。しかしそんな了は突然、自分の手がける演劇の上演中に、舞台から転落死する。不幸な事故だと片づけられたが、翌年の春に入学してきた新入生・藤代貴水は全校生徒の前で高らかに宣言した。「わたしは、設楽了の死の真相を調べに来ました」――さやかは貴水に巻き込まれる形で、了と生前の関わりのあった生徒を調べることになり・・・・・・演劇を愛する生徒達が内に潜んだ「殺人者」を暴き出す、学園青春ミステリー!


(著者プロフィール)

降田天 (ふるたてん)

執筆担当の鮎川颯とプロット担当の萩野瑛による作家ユニット。少女小説作家として活躍後、2014年に「女王はかえらない」で第13回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、降田天名義でのデビュー。18年、「偽りの春」で第71回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。他の著書に、「偽りの春」が収録された『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』、『彼女はもどらない』、『すみれ屋敷の罪人』、『ネメシスⅣ』、『朝と夕の犯罪』、『さんず』『事件は終わった』などがある。

演劇学校で起きた、センセーショナルな事件。

神と呼ばれた天才少女はなぜ、

自身の手がける舞台の上演中に死んだのか――?


(あらすじ)

演劇女子学校に入学した結城さやかは、劇作家を目指している。同学年には同じく劇作家志望で、学内一の天才と謳われる設楽了がいた。了は俳優の能力を引き出し、観客を魅了する舞台を作り上げる卓越した才能をもっていた。了の手がける舞台に上がりたい、了に認められたいと俳優志望...


出版社からの備考・コメント

※発売前作品のため、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。
※書影は仮のものです。
※ゲラは校了の前のデータにつき、修正が入る可能性がございます。

※発売前作品のため、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。
※書影は仮のものです。
※ゲラは校了の前のデータにつき、修正が入る可能性がございます。


販促プラン

【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメールアドレスや店舗様へご連絡させていただく場合がございます。

こちらのタイトルの新刊ご希望数の締め切りは7月25日(木)迄とさせていただきます。

【書店員様へ】

拡材や新刊配本のご希望などを非公開コメントよりご注文可能です!

ご希望の書店員様は非公開コメントにて取次・書店コード・書店名をご記載のうえ、ご注文・お問合せください。

※非公開コメントのみだと通知が届かずにお受けできない場合がございます。必ずあわせてのレビュー投稿をお願い致します。

※ご希望数より調整が入る可能性がございます。ご了承ください。

※営業担当者よりご登録のメー...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784575247480
本体価格 ¥1,900 (JPY)
ページ数 380

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

願望、欲望、羨望、、、自分の中の欲に呑み込まれる少女達が痛々しくも眩しい…!!
はじめはさやかと貴水の2人があまりにも険悪ムードで、どうなるの??と心配していましたが、話が進むにつれて少しずつ打ち解けて、お互いを思い合っている様子がよかったです。そして、事故の真相を追いかけていくなかで、少女達の過去や心中に胸が痛くなりました。
ラストはそういうことだったのか…!と、まさに演劇を観ているかのような盛り上がりの謎解き!
誰もが魔女でもなく神でもなく、普通の少女で、友達でいれたらよかったのに…
でも最後は本当の友達がはじまりそうで、ほっとする終わり方で安心しました。
一度読み始めると続きが気になって、一気読みしてしまうタイプの作品でした!
面白い作品をありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

女性だけの演劇専門学校の定期公演中に起こった事故。その事故について探るために入学したと言いきる貴水と巻き込まれるさやか。
定期公演で行われた『百獣のマクベス』に出てくる登場人物を演じた俳優を中心に、事故の真相を調べていく本作。
皆が皆、人にとって大なり小なり秘密があり、その秘密が積み重なることで生まれた悲劇をマクベスになぞらえる展開が面白い。
大切な人を神と崇める幸、不幸。演劇のためになら、何もかも捧げてもいいのか?また捧げないと辿り着けない高みは、本当に貴いのか?
演劇に関係の無い一般人でも、つい考えてしまう作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

とてもよかった!!

青春がみずみずしくて、それぞれの情熱がまぶしくて、でも切ない。
ともすればどろどろとした陰湿な感情が出てきそうだけど、そんなことはなく、終始とても純粋で前向きな爽やかさを感じました。

個性豊かな登場人物がみんな、意志が強くて一生懸命で、応援したくなる。

演劇学校という舞台上美少女や個性的な登場人物ばかりで、映像化するととっても画面映えしそうです。
作品中の舞台も実際に見てみたい。

最後の一文が、この物語を包括しているようでじんとしました。

このレビューは参考になりましたか?

この物語に出てくる人物と似たような出来事は私の人生にはなかった。そんな学生生活は送ってこなかった。
だけどなんだろう、ずっと刺激してくる小さな棘のようなものは。
明るくも暗くもない、得体の知れない棘。

追体験しているかのような刺してくる描写。
一人ひとりから語られる独白のような事実は、どんどんその棘を活性化させていく。

純粋に死の真相が知りたくて止まらないが、時折そのチクチクに耐えきれず読む手を止めた。
意外だが救いのある結末で、モヤモヤが残るストーリーではないのに、その棘は抜けない。

こんな読後感は初めてだ。

このレビューは参考になりましたか?

演劇女子高で「神」と呼ばれた劇作家志望の少女、設楽了が自身が手がけた演劇の上演中に舞台から転落死した。
翌年入学してきた新入生の藤代貴水が死の真相を探る。

演劇🎭とか舞台とかって全然見た事ないけど見たくなってしまう。「マクベス」も内容知らないんだけど知ってたらもっと深く物語の中に入れてたかも。

このレビューは参考になりましたか?

夢のためひたむきに情熱を注ぐ少女たち。
一途だからこそ生まれる絶望、羨望。
演劇を愛するがゆえの嫉妬心、敵対心。
少女たちの心のうちに抱える感情が真っ直ぐすぎて痛々しくもあるが、夢にひたすら向き合っている情熱が羨ましくもある。

神と崇められる了の死の真相を調べる貴水とさやか。
事故か自殺か殺人か・・・
少女たちの抱える秘密を暴きながら展開されるストーリーに一気読み間違いなし。

舞台の華々しい世界の裏には、常に選ばれなければならないという過酷な闘いがあり、殺伐とした中にも仲間という友達の
存在に気付ければ彼女たちも救われたんだろうな。

このレビューは参考になりましたか?

殺人事件の話なのに、読み進めるうちに青春っていいな。となんだか羨ましくなってしまった。
演出家や舞台のことも詳しく分かったし、ミステリーだけど、演劇の専門書も読んだ気がして一冊で2倍お得だな!と思った。

このレビューは参考になりましたか?

面白くて、中々止められないで苦労しました。介護中の母の食事時間が予定よりも遅くなることが何度もありました。
さやか、貴水の関わり方の変化や魔女三人の秘密など、個々の内容も引きつけられるのですが、物語全体の持つ演劇感と言うか、展開の仕方にも引きつけられました。
少女たちの健気だけどある種の大胆さが良く表現されていたと思います。
最後にさやかと貴水との遣り取りを読むと今後の関係が想像できそうで何かホッとした気分で読み終えることが出来ました。楽しい作品をありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

演劇の専門学校で起きた、1人の少女の事故死。
その真相を探る中でわかっていく人間関係。
人のドロドロな部分に触れつつも、それでも真っ当に生きる気持ちを誰もが持っている…そんな印象をもち、それがとても説得力があるのが心に残った。
人物設定が丁寧に作られていて、そこが読みやすさに繋がっていて好きです。
後半からとにかく気になってしまって、一気に読み終わりました!

このレビューは参考になりましたか?

最後の最後までハラハラしっぱなしでした。
さやかのデータが消されていた時、脚本をすり替えられた時など、さやかの絶望を思うと辛くて仕方がなかった。
とにかくみんなそれぞれ秘密を抱えこんがらがってしまった謎を一つ一つ紐解いていく過程にのめり込んでしまった。

このレビューは参考になりましたか?

「理不尽に思える試練だって、乗り越えれば確実により大きな幸せが待ってる。わたしたちはそれを知っていて、疑うことはなかったわ」

演劇女子学校で起きた死亡事件の謎を追うミステリー作。
亡くなったのは神とも評される劇作家志望の了。
彼女の死の真相を追うなかで明らかになった真実とは。

勇敢な彼女たちの物語。

このレビューは参考になりましたか?

才能や容姿に恵まれた特別な女の子たちの物語と思って読み進めると、彼女たちの決して特別ではない苦悩に痛いほど感情移入し引き込まれました。
ミステリーとしての面白さだけでなく苦悩しながらも前に進んでいく少女たちの強さに力をもらえる小説でした。

どうもありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

百花演劇学校でおきた公演中の事故死。彼女は周囲から天才とも神とも言われていた。
彼女の死は事故死だったのか、それとも自殺?それとも…。
学生たちだけで作り上げる舞台でおきた事故。天才と呼ばれた了に対する演者たちやライバルの思い、そして秘密。
10代特有の自意識や、一つのことにまっすぐな彼女たちの思いが生み出す謎や疑惑が、物語の伏線となっていくさまが面白かったです。
一人ひとりのキャラクターが分かりやすく、青春群像劇のような面白さもありつつ、しっかりとしたミステリーにもなっていて、次はどんな秘密が!?とワクワクした気持ちで読み進めました。
ラストは全く予想ができず、思わず最初から読み直したくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

演劇学校の定期公演幕間で演出担当の生徒が事故死。でも本当に「事故」だったのか?真相を知るために入学したという新入生と、演出補だった主人公が関係者に話を聞くうちに、さまざまな事情が明らかになっていく・・・。

プロット担当と執筆担当の分業で作品を作っておられるようですが、功を奏していると感じました。おもしろく一気読みしました。
読みやすくテンポよく、上手に伏線を埋め込みつつ、演劇に情熱を燃やす女子たちの抱える悩みや裏事情が明らかになっていく展開も見事。
バックステージものとしての楽しみもあり、ミステリ要素もあり、普通のキャラ文芸としても読めると思います。
シェイクスピアの「マクベス」を知らない読者は楽しみが少し減るでしょうが、つまづくこともなさそうです。

唯一、タイトルだけが、しっくりきません。「殺人者」という言葉が内容にそぐわないし、「オーディション」も、その場面があるのだけれどタイトルに持ってくる感じではないような気がします。今更無理かと思いますが、「少女マクベス」とか「マクベスの奈落」とかのほうがいいかも?

このレビューは参考になりましたか?

制作・俳優それぞれにプロへの道が開かれる、演劇に特化した女子高校。
神と崇められるほど、俳優の力を引き出し観客を魅了する舞台を作り上げていた少女は、上演中に転落死した。
その死に疑問を抱く新入生が現れ、万年2位という立ち位置のさやかも共に調査に乗り出すことに―。

「演劇が好き」という気持ちとレッスンだけでは、全然届かない。
嫉妬とエゴと自己嫌悪。
自分に向き合い、それでも最後は「演劇が好き」という気持ちに支えられて舞台に臨むのだ。

このレビューは参考になりましたか?

演劇という、私が関わったことのない世界。
役者志望、脚本・演出志望、美術、様々な役割で一つの舞台を作り上げることへの熱量がこちらまで伝わってくる。

一人の生徒の死が自殺なのか事故なのか…。
誰も怪しくないようで、みんな怪しい。一人ひとりに話を聞いていくうちに見えてくるそれぞれの秘密。

終盤に訪れる真相解明の伏線回収がたまらない!
単に真相を明らかにすることだけではなく、演劇というものを愛し、その裏で悩み、妬み、欺き、何が何でも上に立ってやろうという熱い思いがあることを知り、演劇そのものに興味が湧いてきた。

このレビューは参考になりましたか?

女性だけの演劇専門学校で起こった死亡事故。
読み始めは貴水が何故それが事故ではないと言い切るのかはっきりとした理由が分からず、さやかもどうしてそこまで?と思うくらい冷たい態度なのでちょっとモヤモヤしていましたが、二人の間の空気が少しずつ変わり、様々な事実が出てくると先が気になり一気読みでした。
劇作家志望の少女の死をめぐり、華やかに見えていた演劇学校の生徒たちそれぞれの苦悩が見えてくる。
闇を感じたラストでしたが、明るい未来を感じて爽やかな気分で読み終えました。
映像化されても面白そうな気がします。

このレビューは参考になりましたか?

演劇学校で舞台の上演中に、神と呼ばれた天才少女の了が転落死する。
その真相を調べに来た新入生の貴水と、了の同学年のさやかが、了の生前に関わった生徒たちを調べ始める。

貴水はなぜ了の死の真相を調べようとしたのか?
その真相にたどり着くまで引き込まれるように読み進めた。
天才少女・了は神とまで言われ、演劇学校の俳優を志す少女たちはその舞台に上がることを願う。その少女たちはお互いに嫉妬したり、挫折や了の謎の行動に困惑していく。了が演出したマクベスの舞台が目に浮かぶようだった。
思わず唸るような最後の一行まで飽きる事なくとても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?