こそあどの森のないしょの時間

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

こそあどの森の物語
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/05/21 | 掲載終了日 2024/05/24

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#こそあどの森のないしょの時間 #NetGalleyJP


内容紹介

この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない〈こそあどの森〉

スキッパー、トマトさん、ポットさん、スミレさん、ギーコさん、トワイエさん、ふたご。──だれでも、胸の中に大切に秘めている大切なできごとがある。森のひとそれぞれのないしょの話を1話ずつおさめた短編集。

「こそあどの森の物語」シリーズ誕生30年を記念した姉妹編。

この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない〈こそあどの森〉

スキッパー、トマトさん、ポットさん、スミレさん、ギーコさん、トワイエさん、ふたご。──だれでも、胸の中に大切に秘めている大切なできごとがある。森のひとそれぞれのないしょの話を1話ずつおさめた短編集。

「こそあどの森の物語」シリーズ誕生30年を記念した姉妹編。


おすすめコメント

稀代のストーリーテラーである岡田さんですが、この物語の誕生は原稿用紙からではありませんでした。その始まりの舞台はスケッチブック。岡田さんは絵を描きながら〈こそあどの森〉へ入っていったのです。文章で「作りあげる」前に、スケッチブックの向こうに現れてくる世界を訪ね、そこに住む者たちと出会い、つきあいながら、まさに「生まれる」ように誕生した物語世界は、やがて本当に存在している森のように、作者と読者の中で広がっていきました。――シリーズの姉妹編となる本書は、森の人たちそれぞれの、だれにも言わない内緒の話を7篇集めた短編集です。これらのお話は、こそあどの人たちの魅力をさらに深めてくれるだけでなく、読者それぞれの胸の中にある森にそっとかくれている、大切な時間を思い出させてくれるかもしれません。〈松田素子(編集者)〉

稀代のストーリーテラーである岡田さんですが、この物語の誕生は原稿用紙からではありませんでした。その始まりの舞台はスケッチブック。岡田さんは絵を描きながら〈こそあどの森〉へ入っていったのです。文章で「作りあげる」前に、スケッチブックの向こうに現れてくる世界を訪ね、そこに住む者たちと出会い、つきあいながら、まさに「生まれる」ように誕生した物語世界は、やがて本当に存在している森のように、作者と読者の中で...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784652206065
本体価格 ¥1,500 (JPY)
ページ数 128

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

全12巻の「こそあどの森の物語」シリーズ30周年記念の新作と言うことで、英題をみると「Other Stories of the Kosaido Woods」とあった。つまり、姉妹編という事。再び森に住む彼らに再開できることにわくわく。

そして懐かしい人々が主人公の短編が始まった。

木と心で楽しく会話するうち、あることに気づいたスキッパー。大人になった時、彼はどんな想いで木が落とした葉を見つめるのだろう。

「迷う事があると知らない所に行ってしまう」王様。その迷い事を解決するヒントを与えるトマトさん。そんな彼女自身の迷い事に、思わず微笑んでしまった。

〈シカエシ〉の仕返しは仕返しではない事に気づいたポットさん。〈オカエシ〉に素直にお礼を言うポットさんの様子に、我が身を振り返ってしまっていた。

「ひなたぼっこ」について考え始めたスミレさん。その結論があまりにもスミレさんらしくて、一緒に微笑んでしまった。

ギーコさんが子どもの頃に母さんからもらった缶、〈あの箱〉。そこに入れられたものは、拾ってくれたギーコさんのために、ずっとずっと待っているのだろうな。

トワイエさんが目撃した儀式。きっと季節ごとに繰り返されているのだろう。物語を綴るトワイエさんだからこそ、こそあどの森が見せたかったのかな?

ふたごのミルクが止まらない、止まらない。はらはらしながら読んでいると、助けてくれたのはシナモン。やっぱりふたご。ふたごはいいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

わたしは、こそあどの森シリーズを読んだことがないので、お話や登場人物のことを何も知らない。
それでも、最初の絵入りの人物紹介で、すぐにこの物語の世界の住人の一人になれた。

「ないしょの時間」というだけあって、それぞれの登場人物が一人で過ごしているときの出来事を集めた短編集になっている。
登場人物の性格など、何も知らないのに、それぞれの登場人物らしい「ないしょの時間」の過ごし方をしているな、と思った。
不思議だったり、楽しかったり、不安に思ったり、懐かしく思ったり、どれもいいなあ。
装画もかわいらしくて、お話にぴったりあっていた。

このレビューは参考になりましたか?

期待を裏切らないこそあどの森の物語。本編を読んだ時には「最初の頃よりスキッパーが成長してるぅ」と、なんか感動したけど、こうして時間を置いて番外編を読んでみると(いい意味で)こそあどの森は時間が止まっているような、いつでも読み手を待っていてくれる温かさがある。ギーコさんの「あの箱」、覗いてみたいなあ。

このレビューは参考になりましたか?