なんで死体がスタジオに!?

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/06/24 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#なんで死体がスタジオに #NetGalleyJP


内容紹介

すべてのエンタメファンに送る、ノンストップ・バラエティ系・軽ミステリ!

バラエティプロデューサー・幸良涙花は、がけっぷち、である。

筋金入りのお笑いファンかつテレビっ子だが、不運体質(?)のせいか、失敗に失敗を重ね、会社からは「次がダメなら制作を外す」と告知されている。

進退をかけた「次」の番組は、その名も「ゴシップ人狼」。

出演者たちが持ち寄ったリアルゴシップについて語りながら、紛れ込んでいる嘘つきを推理する、というトーク番組で、季節ごとの改変期に放送される人気特番だ。

マンネリ化する番組のテコ入れに、これを「生」で放送しろ、と上司は言うが、コンプラ的にも、事務所対応的にも無茶な企画。奮闘する幸良が、本番前に出会ったのは……

「大御所俳優・勇崎恭吾の死体」だった!

生放送まであと20分。幸良は特番を乗り切れるのか!? そして、この事件の犯人は?

現代バラエティを分析する目線の鋭さと、軽妙な会話の面白さ、そして”ゴシップ”の本質を衝く深度はピカイチ。一気読みできる超・エンタメ作品です!

すべてのエンタメファンに送る、ノンストップ・バラエティ系・軽ミステリ!

バラエティプロデューサー・幸良涙花は、がけっぷち、である。

筋金入りのお笑いファンかつテレビっ子だが、不運体質(?)のせいか、失敗に失敗を重ね、会社からは「次がダメなら制作を外す」と告知されている。

進退をかけた「次」の番組は、その名も「ゴシップ人狼」。

出演者たちが持ち寄ったリアルゴシップについて語りながら、紛れ込ん...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784163918631
本体価格 ¥1,600 (JPY)
ページ数 256

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

『なんで死体がスタジオに!?』このタイトルだけでも期待が高まるのに、想像をはるかに上回る面白さに一気に読んでしまった。
プロデューサーの幸良は失敗ばかり重ねる。そしてそのドジっぷりを発揮しスタジオにある死体を見つける。
そして死体がスタジオ内にあるまま生放送の特番が始まる。
その特番は「ゴシップ人狼」で出演者が自分の持ちネタのゴシップネタを披露していく。
人狼を推理しながら、死体として見つかった俳優の犯人探しという展開となる。
これはお見事としか言いようがないほど、今という時代が切り取られてエンタメに昇華した作品だ。
作品に出会ったときが読み時だと常々思っているが、もし作品にも旬があるとしたらこの作品の旬はまさに今だ。発売されたら旬が過ぎないうちにこの作品が多くの人の手に届くことを願わずにいられない。

私もほとんどTVerなどで番組を見るくらいで、リアルタイムでテレビを見なくなってきた。
ゴシップネタもSNSやネット記事で見かける程度だが、そこに付いたコメントを見るとなぜ家族でもない他人の恋愛や行動にこんなにも熱く持論を書き込めるのかと引いてしまう。
ただ作品の展開がただ面白いと読み進めるだけでなく、ゴシップの本質を突く鋭い言葉がよく効いていて、ぜひゴシップネタ好きな人にも届いてほしいと思った。ぜひ映像化してほしい作品だ。

このレビューは参考になりましたか?

うわ、やられた〜!この騙され方は、ミステリー好きの興奮ポイントでしかない。
当て書きしたかの様なリアルな登場人物達が繰り広げる生放送バラエティの表と裏、殺人事件の真相解明の推理に心を掴まれて、夢中で一気に読んだ。
文章から映像が浮かぶ、ストーリーを読む、と言うより、ストーリーが見えるドキドキとワクワクが勝ったエンターテイメント作品だ。

このレビューは参考になりましたか?

テレビ局で事件が起きるという小説は昔からけっこうあった。でもどれもあまりピンとこない作品ばかりだった。
それらに比べてこの作品はかなり同時代的でピタッとくる感じがする。ずいぶんとテレビ放送の今を取材して描かれたのではないかと感じた。特に出てくる固有名詞がまさに今のテレビだ。番組名、人名、そして今の放送システムなどをなかなか丁寧に取材している。
一昔前のテレビは、大がかりで煌びやかで、ちょっと異世界感があった。それがIT、ネットのおかげで個人でも映像を発信できる時代になった。そしてテレビとネットはいつの間にか地続きになっている。ネットのスターがテレビに出演し、テレビタレントがYoutubeで個人的な発信をする。その両者をつなぐのがギャルや地下アイドルだったり、お笑いだったり、サブカルだったりする。そんな今の時代
俳優の等身に近いテレビがビビッドに描かれている。

ゴールデンの生放送。ゴシップ人狼ゲームを手がけるのはパッとしない若手プロデューサー。
重要な役回りのベテランが遅刻してまだスタジオに到着しない。
本番前、キャストには、番宣告知用の告知録りが行われ、そこで手際よくキャラクターが紹介される。
そんな中、ベテラン俳優の死体が発見される。ショー・マスト・ゴー!死体にはこのまま番組を続けるように指示を書いた台本が添えられている。

この小説は若い感性で描かれたフレッシュな作品なので、チョット時間の空いたときにサクッと読むみたいな読み方が合うような気がする。これは別に軽いとかという意味ではなく、構えないで読むというライトノベルの本質そのものなのだ。時代の要求にきちんと応えている一冊。若い世代のニーズが学べる一冊として大変勉強になった。

このレビューは参考になりましたか?

ゴシップネタを披露するバラエティ番組ゴシップ人狼。
生放送開始直前に出演予定の俳優が死体となって登場?!失敗出来ない生放送のヒリヒリ感と、まったく予想できないストーリー展開に引き込まれてしまう。

テレビってオワコンじゃね?
配信番組などコンテンツがあふれる中で
オールドメディアになりつつあるテレビ。
そこにかける製作側の意思や想い。
まだまだテレビには『おもしろ』がある。

あの頃お気に入りのテレビ番組を齧り付いてみていた様に夢中で読み進めてしまう。そんな作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

今こそ読むべき!
根拠のないゴシップに苦しめられた芸能人のご夫婦が頭に浮かびました。最近あった、本当に迷惑なSNS投稿です。
それによってどれだけ傷ついたか。事実ではないと理解されても、今後彼らからそのイメージが離れることはない。
何の関係もないのに、デマを信じてSNSで誹謗中傷を発信する人間たちも同罪。

生放送+人狼ゲーム+殺人犯捜し。ハードル高い・・・・そしてどんどん、仁礼の披露した薄っぺらいゴシップが
忘れ去られていく・・・・。
生放送前に死体を見つけたら、私もとりあえず「後で!」と言って隠してしまうかもしれません。それどころじゃない。
一視聴者として楽しませていただきました。読み終えて素直に「あー面白かった」と思える作品でした。
個人的に、番組名や芸能人が実名で出てくるのが好きではないので、その部分だけ★マイナス。

このレビューは参考になりましたか?