王達の戯れ

ナルマーン年代記短編集

ログインするとリクエスト可能か確認できます。 ログインまたは今すぐ登録
ナルマーン年代記 第4巻
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2024/07/29 | 掲載終了日 2024/07/29

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#王達の戯れ #NetGalleyJP


内容紹介

大砂漠に生まれては消えていった無数の国の中で、決して忘れられることのない奇跡の都ナルマーン。これはどんな歴史書にも書かれていない、無数の真実のかけらが秘めた物語。

大砂漠に生まれては消えていった無数の国の中で、決して忘れられることのない奇跡の都ナルマーン。これはどんな歴史書にも書かれていない、無数の真実のかけらが秘めた物語。


出版社からの備考・コメント

【ネットギャリーをご利用の方へ大切なお願い】
・多くのレビューをお待ちしておりますが、物語の核心をつくような、所謂「ネタバレ」はお控えください。
・ネタバレ行為はネットギャリーのみならず、読書メーター、ブクログ、Twitter 等の多くの方が目にする場でも同様にお控えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・本作は校了前の大切なゲラデータを著訳者よりご提供いただいた上で公開をしています。本作の刊行を楽しみにお待ちいただいている、多くの読者のためにも、ご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

・多くのリクエストをお待ちしておりますが、過去のフィードバック状況やレビュー内容からリクエストをお断りする場合がございます。予めご了承ください。

・いただいたコメントは帯やPOP、X等SNSでのご紹介など、弊社販促活動に使用する場合がございます。予めご了承ください。

【ネットギャリーをご利用の方へ大切なお願い】
・多くのレビューをお待ちしておりますが、物語の核心をつくような、所謂「ネタバレ」はお控えください。
・ネタバレ行為はネットギャリーのみならず、読書メーター、ブクログ、Twitter 等の多くの方が目にする場でも同様にお控えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・本作は校了前の大切なゲラデータを著訳者よりご提供いただいた上で公開をしていま...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784488029074
本体価格 ¥1,600 (JPY)
ページ数 208

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

とても素敵な作品。

実は著者の本を読むのは初めて。
読み進んでいくと、これはあのシリーズだったか、と分かっていく。
読んだことはないけど、前の職場で選書に携わり、著者の本の多くを選定していた。
「ナルマーン年代記 第4弾」との表記もあり、思いがけず読むことができて嬉しかった。
「青の王」「白の王」「赤の王」。
そうか、こういう存在だったのか。読めば良かったな。
初めから買って読みたくなった。

人間とは違う存在であるはずなのに、なんとも人間っぽさも漂わせる王たちの物語だった。

このレビューは参考になりましたか?

悪い継母の魔女に追われて暗い森をさまようシンデレラ物語さながらのオープニング、そこに3人の王達の短い物語が絡み合いながらつながり、冒頭の物語に帰結していく構成力が見事です。
三人の王は魔力を使える魔王という設定ですが、3人それぞれ美しい心を持つているメルヘンっぽい意外性が心を和ませてくれます。

このレビューは参考になりましたか?

ナルマーン年代記シリーズを読んでいても読んでいなくても、どちらの読者もきっちり包み込んでくれるような世界観は流石だと感じた。もちろん、3作読んだ上だと、より楽しめるようになっているのは言うに及ばずですが。
青・白・赤の魔王たちの個性や人となりが本編よりずっと深く描かれていて、王という立場でも運命は自分で選びとり手繰り寄せるしなやかで凛とした姿がとても好き。
大人に用意されたご褒美のような胸アツなファンタジーでした。

このレビューは参考になりましたか?