フェオファーン聖譚曲(オラトリオ) op.1  黄金国の黄昏』

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #フェオファーン聖譚曲オラトリオ #NetGalleyJP

内容紹介

「私には、この大王国の黄昏の鐘が聞こえるよ」

 強大なる中央集権国家を維持するため、稀代の悪法を用いて繁栄を極めてきたロジオン王国が、今、ひそやかに、変革の時を迎えようとしていた。その引き金を引いたのは、魔術師団長のゲーナ・テルミンとその甥のアントーシャ・リヒテル、そして、王国への怒りが限界に達しつつある地方領主たちだった。

 洗練を極めた王族、老練な政治家、忠義に生きる騎士たちは、その流...

おすすめコメント

純文芸ハイファンタジー小説です。長編シリーズの第1巻目としての位置づけです。

様々な立場の人々が織りなす人間模様を、主に高校生~ご年配の皆様にお楽しみいただけたらと思っております。

普段ファンタジーをあまり読まない方や、表紙にイラストが多用されている作品になかなか手を伸ばされない方にもお読みいただきたいと思っております。

販促プラン

※刊行予定日につきまして、制作の都合上、2019年10月予定と変更させていただきました。申し訳ございませんが、ご了承いただけましたらと存じます。


皆様にいただいたレビューでpop・帯・webサイト・SNS展開したいと考えております。


≪NetGalley会員のみなさまへ≫

本作品へ応援コメント・レビューを募集しております。

ご協力頂きました際には、お名前を本作品の巻末に記載させて頂...