どうして男はそうなんだろうか会議:

いろいろ語り合って見えてきた「これからの男」のこと

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/09 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#どうして男はそうなんだろうか会議 #NetGalleyJP


内容紹介

「非モテ」の苦しみ、マウント合戦、男のカラダ、男性優位社会……。6人のゲストと語り合って見えてきた、男たちの「現在」と「これから」。「そうだったのかー」の連続!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目次】

はじめに

第1章 「男子バキバキ脳」からの脱却 「自分の身体はこういうものを喜ぶ」を知ろう(ゲスト)清田隆之さん

「おにぎり事件」の衝撃/男に一番足りていないのは……/ハゲの悩み、おちんちんの悩み/「土着の恥ずかしさ」と「作られた恥ずかしさ」/「仮性包茎」をめぐる二重性/「おちんちんケア・トーク」は難しい/究極的には二人で話をするのが一番/男が自分の体に敏感になるには?/「俺は強いアピール」競争から降りる

第2章 「非モテ」の諸相と、「これから」のこと 自己否定でも開き直りでもなく自分を「開く」語りの可能性(ゲスト)西井開さん

「非モテ」という言葉の誕生、その変遷/恋愛にかかわるマジョリティ男性の痛みを言語化/「未達の感覚」とは何か?/周囲からの「いじり」「からかい」をどう考える?/「男らしさ」を用いた巧妙なからかい/女性からの「からかい」を考える/「未達の感覚」から抜け出すには?/「一対一と集団では男の態度が変わるのはなぜなのか」問題/「いじり」の場面に遭遇したら?/男同士のエロ話、どう考える?/「自己孤立化」と「女神化」/「社会構造による非モテの苦しみ」という側面/「非モテ」をあえて定義しない理由/語り合いから生まれる気づき/うねうねと自らの気持ちや経験を男同士で語り合う

第3章 男性性と暴力 コミュニケーションに潜む加害と被害の両面から考える(ゲスト)中村正さん

「男同士の付き合いって難しい」/虐待する父親やDV男性の希薄な加害意識/被害体験を被害として語れない男たち/「暴力はダメだ」では変われない/息子にスポーツを強要する父親たち/「勝ち」にこだわる意識をずらしていく/父親から子へと連鎖する暴力/虐待に気づいたとき、どうする?/暴力を受けた子どもが暴力から抜け出すには?/「こんなオレでごめん」という暴力/「誰でもよかった」は本当に「誰でもよかった」?/加害者が変わるには何が大切か?/マウントされたら、どうするか?

第4章 男性が乱用しがちな「構造的な優位」とは? その「優位」を利用しない手立てを考えよう(ゲスト)平山亮さん

「しっかり働かないと女性に嫌われる」という強迫観念/「男らしさ」から「降ろさせてくれない」⁉ /男同士の抑圧をどう考える?/「つらい」と言えば助けてもらえるだろうという赤ちゃんマインド/「コンフィダント」と「コンパニオン」/「介護する息子」が親の「弱さ」を認められない理由/「相手のことを完全にはわかっていない」と意識し続ける/「弱き者を弱き者のまま尊重する」ということ/「傷つき体験」の語りにくさ/男性はなぜ「絶滅せずに生き抜くことができたのか」/「長時間労働のせいで男は家事育児ができない」説は本当?/「構造的な優位」の乱用/「男あるある」「女あるある」を疑う/個人でできること/「男はこういうものである」という言説の問題点/「ハイブリッドな男性性」にご用心/「介護する息子たち」研究のきっかけ/男が、男として生きていない者とともに生きる道

第5章 「誰でも差別し得る」という出発点 「男性中心社会」日本と性的マイノリティ(ゲスト)前川直哉さん

男同士でエロ話をするわけ/「ホモソーシャル」と「ホモセクシュアル」/時代遅れの「「社員」・「主婦」システム」/「なんちゃって能力主義」社会/ミソジニー男の暴走はなぜ起こる?/「日本は同性愛に寛容な社会」説はほんとう?/性的に客体化されるのを恐れるヘテロ男性/ヘテロ男性たちの、よくある誤解とは?/「電車の中で足を踏むことと……」

第6章 すぐそこにあるマチズモ あの手この手で「マッチョ連合」を突き崩せ!(ゲスト)武田砂鉄さん

日常の中のマチズモ/「俺=公共」なおじさんたち/「毎日がメンズデー」な日本/「俺にはバックがついてるぜ」問題/女性客にはタメ口、なぜ?/セクハラ限界値を探るおじさんたち/女性憎悪と暴力男、どう考える?/ジェンダー問題を意識するようになったのは……/「男のくせに〜」と揶揄されたなら?


「これからの男」をもっと考えたい人のための読書案内

あとがき


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【編者プロフィール】

澁谷知美(しぶや・ともみ)

1972 年、大阪市生まれ。現在、東京経済大学全学共通教育センター教授。博士(教育学・東京大学)。ジェンダーおよび男性のセクシュアリティの歴史を研究。著書に『日本の童貞』(河出文庫)、『平成オトコ塾―悩める男子のための全6 章』『日本の包茎』(筑摩書房)などがある。

清田隆之(きよた・たかゆき)

1980 年、東京都生まれ。文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。単著に『よかれと思ってやったのに』(晶文社)、『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)、『自慢話でも武勇伝でもない「一般男性」の話から見えた生きづらさと男らしさのこと』(扶桑社)などがある。






「非モテ」の苦しみ、マウント合戦、男のカラダ、男性優位社会……。6人のゲストと語り合って見えてきた、男たちの「現在」と「これから」。「そうだったのかー」の連続!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【目次】

はじめに

第1章 「男子バキバキ脳」からの脱却 「自分の身体はこういうものを喜ぶ」を知ろう(ゲスト)清田隆之さん

「おにぎり事件」の衝撃/男に一番足りていないのは……/ハゲの悩み、おち...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784480864796
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)